あなたはどっち派、コンビニ宅配とネットスーパー

子育て世代や仕事を持つ女性の増加に加え、食の安全を気にする方も増えており、生鮮食品の宅配の需要が増えているようです。従来の宅配サービスは、生鮮食品を中心とした会員制の宅配サービスが多くありましたが、最近は、コンビニやスーパーなどが宅配サービスに参入する動きがあります。
コンビニでは、これまでも店舗で販売している商品の宅配サービスは行っていましたが、生鮮食品宅配サービスを開始することとなりました。このサービスは、従来のような生鮮食品宅配の欠点である入会金や年会費が不要で、注文もインターネットで行うことができる柔軟性のあるサービスとなっています。さらに、コンビニの商品も同時に購入できるので、とても便利なサービスとなっています。
一方、スーパーでは、販売をしているほとんどの商品を売り場と同じ値段で宅配してくれるネットスーパーのサービスを次々と初めており、家に居ながらにして、スーパーで買い物ができるネットスーパーの人気が高まっています。入会金や年会費なども不要で、忙しい主婦や帰宅時間が遅い方におススメのサービスとなっています。さらに、特売品の購入も可能で、チラシが配布される前日に注文ができるなどのメリットもあるようです。