毎日のカロリーコントロールは大変!

宅配食材サービスには、病気療養中の方のための食材提供サービスもあります。食事コントロールによる食事療法が必要な糖尿病、高血圧、腎臓病などの生活習慣病の方がいる家庭では、毎日一人分の食事コントロール用の食材を別に用意する必要があるため、手間がかかります。
そこで、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の病気療養のための療養食の宅配や高齢者介護のための介護食などの宅配食材サービスを利用することで日々の負担を軽減できます。
栄養士や管理栄養士の専門家がカロリー計算をした上で目的にあったメニューを提供してくれますので、病気の治療効果も高くなりますので、まさに一石二鳥のサービスと言えます。また、薄味でおいしくないというイメージの療養食ですが、しっかり味付けけがされていて、おいしくいいただくことが出来ます。
さらに、この療養食の宅配サービスは、レトルトや冷凍のものなどさまざまな提供形態が用意されているので、お好みの提供形態を選んで利用できるという特徴があります。ただし、病名や食事療法用の食品であるとの表示が禁止されているため、利用者側で病気に合わせて自分で選ぶ必要がありますので、利用する場合には注意が必要です。